骨盤ショーツとして評判のフライビシット

基本的に履き続けることが大切とされていますが、夜も履いた方が良いのか気になりますよね。

そこでここでは、フライビシットの履き方についてまとめてみました。

 

どんな履き方が体に負担がなく、そして効果的なのか

気になる方はチェックしてみてください。

 

 

フライビシットの履き方は?

フライビシットは下着タイプなので、1枚履きでOKです。

どうしても抵抗がある方は、普段のパンツの上からでも問題ありません。

ただその場合、少し締め付けが強くなってしまう可能性があるので、履き心地の悪さが気になるかもしれません。

 

 

いつ履くの?夜も履くべき?

夜間の着用は、できれば避けましょう

股の部分の締め付けを強く感じる方もいるので、血行不良に陥る可能性があります。

起きている間であれば、痺れなどの異変が起きても動くことができますが、寝ている間はそうはいきません。

なるべく自由な状態で寝てあげるのが良いでしょう。

 


口コミをみると、夜間も着用されている方がいらっしゃいます。

「寝返りをあまり打たないので、同じ姿勢で歪んでしまいそう」と不安な方は、少し大きめのサイズを購入して着用するのも良いかもしれませんね。


 

 

生理中は履いた方がいいの?

生理に伴い、骨盤の関節はわずかに動いています。

これは経血を円滑に排出するための動きになるので、無理やり止めるのはあまり良くないと言われています。

心地よい締め付け程度であれば良いですが、矯正をかけるほど強く締めるの避けましょう。

基本的には履かないほうが良いですが、少しでも骨盤矯正効果を継続させたい方は、少し大きめのものを着用するのが良いかもしれません

 

 


いま骨盤ショーツを検討されている方も、ずっと履き続けるわけではないと思います。

生理中などフライビシットを着用していない時は、歪みを作らない生活や姿勢の習慣をつけていく時間にあててみるのはいかがでしょうか。

無事に卒業するために 😉 

 

 

 

*関連記事です*

フライビシットは産後すぐにも履くべき?

フライビシットと腰痛・姿勢の関係について