骨盤補正下着として人気のフライビシット

骨盤ショーツは継続が大事なので、着心地が悪いのはちょっと問題ですよね。

実際の口コミを見てみると、低評価の多くは「食い込む」という声を残されています。

 

なのでここでは、フライビシットのサイズ選びのコツや、食い込んでしまった場合の対処法をまとめてみました。

 

 

サイズ選ぶコツはある?

フライビシットの規定のサイズは、

  • Mサイズ:ヒップ80~90㎝
  • Lサイズ:ヒップ90~100㎝
  • LLサイズ:ヒップ100~110㎝

となっています。

基本的にはこの通り選べばOKですが、体型を少しだけ配慮する必要があります

 

例えば、

  • 太ももが大きな方は、履いた後に食い込みやすい
  • お腹が大きな方は、履いた後にはみ出やすい

このような感じです。

締め付け力も大事ですが、骨盤ショーツは続けることが大事になります。

このような方は、ワンサイズ上を選ぶというのも1つということですね。

※フライビシットはまとめ買いもできるので、そこでサイズを分けるという方法もアリです。
(MとLを両方買うなど)

 

 

食い込んだ場合の対処法は?

フライビシットが食い込んだ場合は、以下のような方法をとってみてください。

 

①サイズ交換

サイズが合っていないことがまず考えられるので、未開封のものは返品を検討してみてください。

 

②パンツの上から履く

フライビシットは1枚履きが基本ですが、パンツの上からでも効果は期待できます。

お股の摩擦が気になる方は、重ねて履くのもオススメです

 

③少し時間を空ける

ヒップサイズを参考にサイズを選んでいるので、お尻は収まるはずです。

ただそれでも食い込んでしまう場合は、少し時間を空けてから履いてみるのも1つです。

ほんの少し痩せれば問題なく履ける方がほとんどかと思うので、1週間ほど食事や運動を行い、少しスッキリしてからまた履いてみてはいかがでしょうか。

 


フライビシットの低評価の口コミは、「効果がない」という内容よりも「食い込む」という声の方が多くなっています。

しっかり履くことができれば効果を実感できるはずなので、着心地で悩まれている方は良ければ参考にしてください。

 

 

*関連記事*

フライビシットは産後すぐに履いていいの??危険じゃない?